■雇用形態

雇用形態とは、企業と社員が結ぶ雇用契約の種類別に分類されていることです。
雇用形態は大きく分けると正社員、契約社員、派遣社員、パート社員、アルバイトがあります。かつては正社員が会社の主な雇用形態だったのですが、会社と個人のニーズに合わせ、派遣社員やパート社員など、現代では雇用形態が多様化してきております。


 

雇用形態の種類

●正社員
正社員は、会社と契約期間などを用いてない社員で、就職先企業と直接雇用契約を結んで、仕事を遂行する対価として給与が支給される。

●契約社員
消え役者印は雇用契約書に雇用の期間と賃金が定められておりますが、パート社員などと比べると雇用期間は長く、賃金も固定給の場合があるなど、安定的な労働力と考えられております。厳密な定めはありませんが、正社員とほぼ同じような所もあれば、低く見られるところもあり、企業によって異なります。契約の際に、給与や待遇の確認は重要となりますので、特に気をつけるところでしょう。

●一般派遣社員
派遣会社と雇用契約を結んで、派遣先企業で仕事を遂行しますが、給与は派遣先企業から派遣会社へと渡り、個人に支払われる制度となっております。

●紹介予定派遣社員
派遣期間中は一般派遣社員と同じなのですが、派遣期間終了後に、派遣先企業との合意があれば、その派遣先企業と雇用契約を結んで正社員または契約社員へとなることができます。

●パート社員
パート社員の多くは雇用期間が短期で1週間あたりの労働時間も少なくて、賃金も殆ど自給で支給されております。

●アルバイト
基本的にアルバイトの賃金は自給で支払われます。最近では、保健など完備されたところも多くあり、社員との差もそれほどあるわけではなくなってきております。

Copyright (C) 2008 雇用だ!御用だ! All Rights Reserved.